溶接ワイヤメッシュは、多くの産業で広く使用できます

溶接ワイヤメッシュは、多くの産業で広く使用できます。外壁断熱ワイヤーメッシュ、亜鉛メッキワイヤーメッシュ、亜鉛メッキ電気溶接メッシュ、鋼ワイヤーメッシュ、溶接ワイヤーメッシュ、衝撃溶接メッシュ、建物メッシュ、外壁断熱メッシュ、装飾メッシュ、ワイヤーメッシュ、正方形メッシュ、スクリーンとも呼ばれますメッシュ。

主な用途:溶接ネットは、高炭素溶接ネット、低炭素溶接ネット、ステンレス溶接ネットに分けられます。製造工程:通常織りタイプ、エンボス織りタイプ、スポット溶接タイプ。主に鋼線を原料として、専門的な設備をメッシュに加工した後、いわゆる電気溶接ネット。

産業、農業、建設、運輸、鉱業、その他の産業で広く使用されています。主に一般ビルの外壁、コンクリート注入、高層住宅などに使用され、断熱システムにおいて重要な構造的役割を果たしています。建設中、溶融亜鉛めっき電気溶接グリッドポリフェニルプレートは、注がれる外壁の外部型枠の内側に配置されます。外断熱板と壁は一度は存続し、型枠を外した後は断熱板と壁が一体化します。

溶接金網の利点

●現場の人員への依存を減らし、現場の効率と生産性を向上させます。
●曲げ機がマットを1つのユニットとして曲げるため、バーが不適切に曲げられる可能性が低くなります。
●さまざまなバーのサイズと間隔により、必要に応じて鉄筋の正確なサイズを提供します。
●溶接ワイヤメッシュは、個々のバーを配置して所定の位置に結ぶ場合に比べて、比較的速く配置できます。これにより、スラブ鋳造のサイクルタイムが短縮されます。
●建設速度の向上による建設費の削減。
●設計者は、より狭い間隔でより細いバーを使用して、亀裂幅がはるかに小さいコンクリートへの効率的な応力伝達を実現し、より良い仕上げの表面を実現できます。
●溶接ワイヤメッシュは、ストックの長さのバーの代わりにロールから製造できるため、無駄を最小限に抑えることができます。
●溶接ワイヤメッシュは、サイトで必要なストレージ領域が少なくて済みます。
●工場での切断と曲げにより、現場で鉄筋を使用する必要がなくなります。
●現場での曲げ鉄筋と比較して、工場での生産は本質的に安全です。
●鉄筋の配置を削除します。
●メッシュは置いた場所に留まり、コンクリートへの密着性に優れています。
●作業現場での簡単な荷降ろしと設置。


投稿時間:2021年10月28日